GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

2018年7月時点の配当金まとめ

2018年7月時点の配当金まとめ

こんばんは、SOSEKIです。

今回は久しぶりに配当金報告をしたいと思います。

7月の配当金は?

まずは7月の配当金からです。

Year Month Ticker 💲
2018 Jul KO 29.46
2018 Jul BND 9.78
2018 Jul MO 52.82
2018 Jul PFF 25.31
2018 Jul GSK 19.89

7月は約137ドルでした。日本円に換算すると1万5千円くらいですね。デートだと1回分くらいでしょうか。

大きく変わったのは、ETFを導入したことです。早速BNDとPFFから分配金が出ています。BNDが入っているということは、どういうポートフォリオをとっているかは、勘のいい人ならわかるかもしれませんね。

累計の配当金は?

では累計の配当金はどうなったのでしょうか。推移を見ていきます。

投資金額が増えるに従って、配当金の額も大きくなっています。個人的にはこの10倍くらいあれば、月の生活が安定するのになあ、と思っています。まあ、こつこつやっていきましょう。

8月は100ドルを割り込む予定ですが、9月以降はとりあえず毎月100ドルは確保できそうです。

やめられない配当金投資

高配当銘柄は、「利益の先食い」とも揶揄されることがあり、その是非については意見がわかれることでしょう。

しかしながら、個人的には、配当金投資は、精神衛生上一定の意味があると感じています。利益確定が全くされず、今後あり得る暴落に備えるというのは、なかなか精神的なタフさが要求されます。今のところ、それを乗り切る度量は私にはありません。

また、高配当投資の場合、現在の配当利回りと、増配年数がレバーとなってきます。この場合、株価を左右する、かつ誰にもわからない「将来の業績」に関するリスクは、ある程度軽減されると考えています。実際はもちろん将来の業績が配当に大きく影響を与えることは、GEの例を見ても明らかですが、少なくともAT&Tが、今すぐ配当を止める、ということは考えずらいと思います。

今後も、毎月の配当金をひとつのマイルストーンとしながら、投資を続けていく予定です。

それではごきげんよう。