GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【競馬】2018天皇賞秋予想、下馬評通りの展開になるのか?

【競馬】2018天皇賞秋予想、下馬評通りの展開になるのか?

こんにちは、SOSEKIです。

2018年の天皇賞秋の予想をしようと思います。今年はGI馬が7頭そろった、豪華なレースとなりそうです。

馬番、人気順

馬版、枠順はこのようになっています。人気馬は4枠に集まっています。

(出所:Netleiba)

オッズはこのようになっています。思ったより、上位の人気は割れているイメージです。

思ったより、しぶといレースになるのでは?

では、実際のレースの展望を見てみましょう。

今回のレースは逃げ馬不在と言われています。よって、よーいドンの末脚勝負になるのではないかと言われています。しかし、本当にそうなのでしょうか。私はそうは思いません。

逃げ馬がいない、そしてこういった上位が拮抗しているレースは、各馬がいいポジションをとろうとして、意外とハイペースになる傾向が多い気がします。もちろん末脚勝負になる可能性もありますが、今回は、ハイペースだとしたら、強い馬はどれか、という視点でみていきたいと思います。

ハイペースのレースを経験したことのない、レイデオロとスワーヴリチャード

人気のレイデオロとスワーヴリチャードですが、いずれも勝ったレースは、スローペースのよーいドンが多いです。スワーヴリチャードは、よどみないペースで進んだ安田記念は、最後伸び切れていませんし、レイデオロにいたってはここしばらくハイペースのレースを経験していません。

よって、この2頭は切ります。スローペースになってよーいドンだと強いかもしれませんが、そうなったら諦めます。

タフなレースに強い馬は?

では、タフなレースに強い馬は、いったいどういう馬でしょうか。ここしばらくの、タフだったレースで好走した馬を挙げてみましょう。

・サングレーザー:全走、早いペースで動いた札幌記念を、マカヒキと競り合いの上勝利。

・マカヒキ:サングレーザー同様、札幌記念で好走。札幌記念は8か月ぶりのレースだったことを考慮したい。

・ミッキーロケット:荒れたペースの宝塚記念に勝利。ここにきて本格化の兆しあり。

・キセキ:昨年の菊花賞馬。天皇賞春でも好走。

この中から選ぶ2頭は?

では、この中から選ぶとしたら、どの2頭でしょうか?

まず、サングレーザーは切ります。たしかに充実していますが、ここ最近は使い詰めで、少し疲労が残っているのではないかと推測します。また、マカヒキが前走休み明けで、2走目で上積みが見込めるのに対し、サングレーザーは?なので、ここは逆転するものと予想しています。

もう1頭選びたいのは、キセキです。ミッキーロケットで気になるのは、馬体重です。宝塚記念の馬体は478㎏ですが、ここからさらに下がってくるようだと、さすがに消耗しているな、、、と感じます。

一方キセキは毎日王冠は+10㎏で好走。2走目のあがりが期待できます。

しかし今回は、ミッキーロケットに期待したい。ただし、明日の馬体重見て、最終のジャッジをするべきだと考えています。-4㎏を超えるようだと、ちょっとしんどいかな・・・

 

よって、今回は、

 

マカヒキーミッキーロケット

 

でいきたいと思います。オッズは現段階で68倍。なかなかおいしいのではないでしょうか。マカヒキ―キセキは42倍くらいです。こちらでも十分うまみはあるでしょう。

発走は28日15時40分!

スローペースになったら?レイデオロ調子がよさそうだけど?逃げる馬がいたら?

もちろん競馬に絶対はありません。上記のようなことが起きたら、「残念だったねー」で済ませるだけです。

明日は天気もよさそうで、ピクニック日和ですね。府中近郊の方は、競馬場に行っても楽しいかもしれませんね。

それではごきげんよう。