GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【35歳からのメンズファッション】ファッションで悩む大人たちへ

【35歳からのメンズファッション】ファッションで悩む大人たちへ

SOSEKIです。

あまり知られていませんが、私、実は、長い間ファッション業界にいました。ファッション業界を離れても、どこか、ファッション業界に近いところで仕事をしていました。

最近は投資や資産運用のことをメインで話をしていましたが、実は、ファッションについても悩んでいる大人たちが多い、ということに最近気づきました。

そこで、ファッションについても、持てる知識を少しだけ共有させていただくことで、みなさまの悩みを解決することの一助になればと思い、こういった記事を書こうと思った次第です。オシャレと思われる服の知識や、コーディネイト、大人が着るべき逸品を紹介させていただきたいと思います。

35歳、服の悩みも増える

35歳というのは、大人からおじさんに変わるタイミングです。こういった悩みはありませんか・・・?

「なんとなく、体型が変わった気がする」

「昔来ていた服が、あんまり似合わなくなった」

「ユニクロしか着る服がない」

「仕事はスーツだけど、プライベートで着る服がない」

「仕事でも風格を求められるようになった」

「もてたいわけではないけれど、それなりにちゃんとした風に見られたい」

基本的に、若い時に似合う服と、大人になってから似合う服というのは違います。その変わり目が、30歳~40歳くらいといったところではないでしょうか。

似合う服が変わってくるのは、2つの理由です。1つは、体型が変わってくることです。残念ながら、20代の時のような華奢な体型というのは、なかなか維持できません。どうしても、肉がついてきたり、がっしりした体つきになってくる、また、お腹が出てきたりすることも多いのがこの年代です。単純に、体型が変わると、似合う服というのは変わってきます。また、顔つきも加齢によって変わってきますよね。顔つきも服装に大きな影響を与えます。

もう1つは、社会的な立場が変わってくることです。ファッションというのは、TPOによって変わってきます。20代のころは合コンでもてる服を着ていたけど、今は、子どもと遊びに出かける時に、オシャレに見える服が必要かもしれません。また、平社員でフレッシュさイメージが必要な20代と、ある程度役職がついて、貫禄も必要な30代では、相手に与えたいイメージも違います。社会的立場の違いに合わせて、着るべき服も変わってくるのです。

こういった変化に合わせて、服も買える必要があるのですが、なかなか、服の変え方がわからない、という人も多いと思います。私が伝えたいのは、こういった、おじさんに変わった時に、それに相応しい服装になります。

そもそも、オシャレとは何か。

まず、オシャレとは何でしょうか。ファッションにおける、オシャレというのはいったい、何を指すのでしょうか。たとえば次の写真のような恰好は、オシャレなのでしょうか。

これらはInstagramで「オシャレインスタグラマー」と呼ばれる人たちの写真のひとこまになります。確かに、見る人が見ればオシャレに見えるでしょう。

しかし、一般の、服装に興味がない人たちからすると、「オシャレかどうかすらわからない」「ちょっと難しい」と思うことのほうが多いのではないでしょうか。ある意味、この感覚は、とても自然なものだと思います。

ファッションというのは、ある意味、芸術だと思います。デザイナーが苦心してトレンドを生み出し、コレクションという形で発表する、これを繰り返すことでファッション産業は成長してきました。なので、個人としては、デザイナーにはとても敬意を払っていますし、毎年のコレクションを非常に楽しみに見ています。

しかし、これはあくまでファッション業界人の立場からの意見です。ファッションにさほど興味のない方にとっては、ファッションとは芸術ではありません。一般人のとってのファッションは日常です。

このシリーズで目指したい「ファッション」とは?

改めて、この「35歳からのメンズファッション」で目指したいファッションは、どのようなものでしょうか。

一言でいうと、「TPOをわきまえているけど、ちょっと品があって、センスがあるように見える」ファッションです。ここに主眼をおいています。

ハイブランドを着こなす、誰が見てもオシャレなファッションを100点としましょう。私のブログでは、100点のファッションは目指しません。100点のファッションは、60点のファッションの人には理解されないからです。

私が目指すのは、100点満点のうち、55点~65点のファッションです。目立たないけれど、よく見れば、品があって、センスがいいように見えるファッション、そういったファッションを目指していきたいと思います。

たとえば、以下の写真のようなファッション、このシリーズでは、そういったファッションを目指していきたいと思っています。

こういったファッション、簡単に見えて、センスよく、品よく見せるには、いろんなテクニックがあります。そういったテクニックや、服装の選び方について、今後、語っていきたいと思います。

ファッションはセンスではなく、技術だ!

こういうことを言うと、「ファッションはセンスで、センスは十人十色だ!」という人もいます。しかし、それは全くの誤解です。

確かに、90点~100点をとるファッションには、センスも必要でしょう。しかし、60点のファッションには、センスなど必要ありません。ファッションに必要なのは、技術です。

色を合わせる技術、サイズを合わせる技術、小顔に見せる技術、スタイルよく見せる技術、ユニクロを安く見せない技術…こういったさまざまな技術で、「なんとなくオシャレ」な服装は作れます。

おじさんだから・・・とか、服に興味がないから・・・といって、ファッションをあきらめるのはやめましょう。ファッションは印象です。そして、好印象は、ファッションによって作ることができるのです。人生にとって、印象というのは、思っている以上に重要です。

あなたがこれからの人生を、よりよく過ごしたいのであれば、少しだけ、ファッションに目を配ってみてもよいのではないでしょうか。そのための1つとして、本ブログが助けになれば幸いです。

それではごきげんよう。