GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【BRK.B】バフェットからの手紙2018。バークシャーはむしろ今「買い?」

【BRK.B】バフェットからの手紙2018。バークシャーはむしろ今「買い?」

SOSEKIです。

来たる2月23日に、バークシャーハサウェイのCEOである、ウォーレン・バフェットから、株主に対して手紙が送られました。この「バフェットからの手紙」は、米国株をやっている人なら、その存在を知らない人はいないだろう、と言われる手紙になります。毎年の手紙は、同社のHPから見ることができます。

この2018年版が公開されたので、内容を確認したところ、少し面白い示唆がありましたので、見ていきたいと思います。

バフェットからの手紙2018(関西弁)




ではさっそく、バフェットからの手紙を見てみましょう。冒頭部を紹介します。

株主のみんなへ

2018年な、うちらの会社はGAAPベースで40億ドル稼いでん。いちおう内訳言うとくとな、営業利益は248億ドルやったけど、クラフトハインツのあれあるやろ、事件な、そのマイナス分が30億ドル、で株式売った儲けが28億ドル、ほんで株式の含み益が206億ドルへった、こういう感じでしたわ。

新しいGAAPやとこの含み益の減少も収益に入れなあかんみたいやわ。去年も言うたと思うけど、ワイとマンガーはんはこのルール別にええって思ってないし、どっちかってと「予測不可能できまぐれなもん」やと思ってるねん。っつか―正確かどうかは、わてらの四半期決算見たらわかるわ。

たとえば第一四半期と第四四半期な、わてらそれぞれ11億ドルと254億ドルの損失出したことになっとんねん。逆にな、第二四半期と第三四半期はそれぞれ120億ドルと185億ドルの利益や。めっちゃ動いとるやろ?でもな、わてらの営業利益はな、毎期安定しとんねん。2016年にたたいた176億ドルあるやろ、あれ41%も上回ってるねんで。

これからもこのGAAPベースな限り、収益のおっきな変動はあるやろなあ。だってさ、今な、純資産ベースで1730億ドル持ってるねんで。1日で20億ドル動くのも普通のことやろ?これな、新しいルールやと収益落とさなあかんねん。実際さ、第四四半期は株価のボラ激しかったから、1日で40億ドル動くこともあったしな。

じゃあこれからどうするかって?これからは、GAAPベースはあんまり気にせんとこかなって、やっぱ営業利益にフォーカスするわ、でもな、これはバークシャーが投資の重要性を見直す、っていう話とはちゃうで。ワイとマンガーはんはな、将来永続的な利益をもたらすと思ってるし。ま、それが不規則なタイミングになるやろけどね。

****

君らの中にも長年この手紙呼んでくれる人おるやろ、その人らは気づいたと思うねんけど、この手紙の1ページ目変わっとるねん。これまでは30年くらいわてらの会社の純資産の変化率載せとったねんけど、やめることにしたわ。

だってさ、これまでのっけとった帳簿価格の変化って、あんま関連性なくなってるし、もういらんちゃうかな、って思ってるねん。理由3つ言うたろか。

いっこめは、まあ、わてらの会社そのものが変化しとる、っつー話やな。市場価値のある株式に投資する部分から、徐々に営業収益出す部門に重要性変わっとるねん。ま、これはわいとマンガーはんがこれからもやっていこうとしてることやな。

もういっこは、持ち分の株式な、これの帳簿価格と、会計上の現在価値、これが全然違うねん。この乖離がおっきなってるのも、まあ、純資産の不一致のうちに入るやろうなあ。

ほんで最後な、将来いつかはわからんけど、また自社株買いしようとおもてんねん。自社株買いするとさあ、1株あたり純資産は減少するやん?でもさ、1株あたりの本質的価値って上昇するやん?この乖離も純資産の不一致につながるやろなあ思てんねん。簿価との乖離もどんどんおっきなるしな。

これからはなあ、わてらの会社の株価に注目しよかな、とおもてんねん。マーケットってめっちゃ気まぐれやん?でも最初のページ見てみ、54年間の株価の変化かいとるやろ、これが将来的にはわてらの業績はかるんに一番ええかな、と思てるねん。

****

ええニュースちょっと紹介しとこか、財務諸表には書いてへんニュースやで。2018年の頭にな、Ajitが保険業務全部と、Gregがその他の業務全般を取り仕切ることになってん。ちょっと遅かったかもしれんな。でもな、バークシャーはな、わいが一人でやっとった時に比べたら、ちゃんとよう管理されとるわ。AjitもGregも優秀やしな。バークシャーの血は受け継がれていくねんで。

ほんだら会社の業績いこか。




バフェットが株価を重視する?

この手紙での一番のサプライズは、「バフェットが株価を重視する?」ということです。

バフェットはずっと今まで、株価を指標として見るのには反対していました。値動きをあまり気にするのではなく、純資産の増減を見るべきだ、と。実際、バークシャーが自社株買いの基準を発表したときも、PBR1.2以下という、あくまで純資産に着目した基準だったからです。

これは、バークシャーという会社における転換点かもしれません。これまで「投資の神様」と言われていたバフェットが、自社の株価に着目しているのです。また、手紙の中では自社株買いにも言及しています。その観点から、バークシャーの今後の株価は、期待できるものかもしれません。

バフェットに踊らされるか、ダンスをただ黙ってみているか

では、こういうバークシャーは「買い」なのでしょうか。個人的には非常に悩ましいところです。

彼らのKPIが変わったところで、彼らの本質的価値は変わりません。彼らはこれまでも通常通り事業を行い、利益を上げていくでしょう。急に株価に一喜一憂するとは限りません。

バフェットに乗って、踊るのも1つの手でしょう。しかし、本質的価値という観点で見ると、バフェットの投資能力は変わらないですし、PBR1.3倍というのは、現在は買い時ではないかもしれません。また、コカ・コーラやクラフトハインツの例など、リスクが顕在化しているというニュースもあります。

この手紙をいいニュースだと捉えるか、特に変わりない手紙と捉えるかは個人次第でしょう。



ただ、こういった手紙も、投資の重要な材料になることがあります。これもまた、米国株投資の面白さではないでしょうか。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村