GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

投資オフ会(4/6アジデンを煽る会)に参加しました MENTHOL

投資オフ会(4/6アジデンを煽る会)に参加しました MENTHOL

SOSEKIです。

4月6日に東京某所で行われた投資オフ会(アジデンを煽る会)に参加しました。とても刺激的な会でした。あそこまでガチで金利やドルコスト法について議論した会があったでしょうか…

後ほど紹介しますが、他の方がちゃんとした内容については書いています。そこで、今回は、「MENTHOL」と題して、違う観点からオフ会の様子をレポートしようと思います。

MENTHOLとはそもそも何?

タイトルに「MENTHOL」とありますが、そもそも、なぜ、MENTHOLなのでしょうか。それは、私の大好きなアーティストの電気グルーヴに由来しています。

私が電気を知ったのは、大学1年生の時でした。それまでも、「Shangri-la」のような有名なナンバーは知っていましたが、正直よく知らないアーティストでした。バイト先の先輩にCDを借りたのが、電気にハマったきっかけです。

その時に借りたアルバムが、「FLASH PAPA」「FLASH PAPA MENTHOL」です。正直、最初に聞いたとき、「なんじゃこりゃ」と思いました。同じ曲なのに、全く違う曲のように聞こえる、そして、どっちもカッコいい!と思ったのを覚えています。大人の事情で、今はYOUTUBE等で聞くことはできないようですが…

参考までに、彼らの有名な楽曲である、「電気ビリビリ」を紹介します。1曲目がどちらかと言うとFLASH PAPAに近く、2曲目はどちらかと言うとFLASH PAPA MENTHOLに近くなります。歌詞が相当狂っているので、人前で聞くのはご留意ください。

1曲目

2曲目

というわけで、「一つの物事でも、観点を変えれば両方楽しむことができる」ということを主題に、4/6の様子を紹介したいと思います。

アジデンを煽る会のあらまし

アジデンという人がいます。とってもチャーミングな幼女です。昔アジデンと名乗っていたそうですが、今はジャパニーズセーフティと名乗っています。

そのアジデンが、遠くへお引越ししてしまうことになりました。そのため、彼が通っているTwitter保育園米国株ガチ勢組では、発表会が行われることになりました。その発表会の様子のレポートになります。

米国株ガチ勢組のメンバーは?

米国株ガチ勢組は、Twitter保育園の中でも、特に個性的なメンバーが集まっています。

神谷正敏くんは、今回のことを絵日記に書いてくれています。ちなみに絵日記なんて言っていますが、投資についてガチで書いています。とっても興味深いので、気になる人は読んでみてくださいね。

また、保護者の方が、今回の様子をリアルタイムで中継してくれました。こちらで会の全体像が見えるかもしれません。

みんなの発表内容は?

では、みんな、どういう発表をしたのかな?簡単に解説をしてみよう!

※できるだけわかりやすく、エッセンスのみを触れています。詳細については神谷さんのブログをご覧ください。

Nくんの発表

Nくんの発表内容は、「凄いぜ小型株!」という内容でした。とってもかいつまんで言うと、ポイントは3つです。

  • S&P500に勝てるのは小型株だ!
  • VTIがVOOよりパフォーマンスが高いのは小型株効果に他ならない!よって、小型株のIJRに注目している!
  • イコールウェイトなんかもいいよね

質疑応答では、小型株アノマリーについて鋭い議論がされていました。

てるるくんの発表

てるるくんの発表は、「ローリスクで年利10%を表現する現金の底力」というタイトルでした。こちらもポイントは3つです。

  • 優待クロス、IPO、PO/分売をうまく使えば、年利10%も夢じゃない
  • 数百万~20百万くらいの資産の場合、効率的に資金を使える
  • ただ、それなりの口座数と手間が必要

てるるくんは家族と協業で数十の口座を運用されているそうです。これらを管理するプログラムを自分で組んでいるんだとか。まさにエンジニアならではの発表でしたね。ちなみに娘はユーチューバーです。

hiroくんの発表

hiroくんの発表は、PPTを使わず、マネーフォワードの口座を見ながらのお話でした。口座番号がオープンになっているオフ会は初めてでとっても新鮮でした。

hiroさんの持っている銘柄について解説していました。マネーフォワードの話などは、ロジカルというより、hiroさんの嗜好がよく表れていたと思います。

後半はドルコスト平均法に関する議論でした。ドルコスト平均法では、カーネル君が積極的に質疑応答していました。この殴り合い質疑応答を見て、「朝青龍 vs 白鳳」を思い出した人も多いのではないでしょうか。それくらいがっぷり4つの議論でした。結局のところ、ある程度の前提がないと、ドルコスト平均法の有効性は示されないという結論にいったんは落ち着いていましたね。

ジャパニーズセーフティくんの発表

ジャパニーズセーフティくんは、大好きなCAPEについて話していました。ポイントは以下の3つです。

  • 投資にはマクロの視点とミクロの視点がある。マクロはETF、ミクロは個別株→これ、僕も大賛成です。
  • マクロにおいて、横の比較をするのにCAPEは有効
  • 縦におけるCAPEの変化をどう考えるか

カエルやフクロウやおじさんがいっぱい出てきたスライドでした。動物に優しいジャパニーズセーフティくんらしいスライドでしたね。CAPEはみんな興味があるテーマなので、質疑応答も活発でした。

カーネルくんの発表

カーネルくんは、レバレッジ投資について発表していました。カーネルくんはiPadをモニタに映して手書きで説明していましたね。ライブ感のある発表でした。テーマはたびたび話題になる、レバレッジが3倍に値動きしない理由についてでした。なるほどなーと思いながらも、議論のスピードが速くて、私はついていくのがやっとでした…

神谷くんの発表

神谷さんは、最小分散について、グラフなどを用いて論理的に説明していました。神谷さんの分離定理に対する愛が伝わってきました。後ほど、ご本人がブログにアップされるようなので、そちらを注目してみるのがよいと思います。

hassくんの発表

最後がhassくんの発表でした。hassくんは、オプションやALTRAスコア、レバレッジ優待クロスなど、多岐にわたるテーマで解説していました。オプションについてが最も面白い議論でしたね。また、ALTRAスコアについても勉強になりました。

SOSEKIの役割は?

では、SOSEKIは何をしていたのでしょうか。私は今回、給食のおじさん役でした。

正直、みんなのためにご飯を作るのは楽しかったです。評判もまずまずで、朝から仕込んだ会がありました。しかし、みんなの発表を聞いていると、私も発表したい欲が沸いてきたのは事実です。みんなの熱にやられました。次回があれば、きっちり資料作ろうと思います。

レシピはそのうち公開します。担々麺はこちらをアレンジしています。次々に進化するのが外資のスピード感なので。

 

 

小ネタ

保育園の発表会なので、いろんなハプニングがありました。個人的に面白かったものをピックしておきます

園児たちの属性:多い順番に、「ROKOHOUSE知っている人」「エンジニア」「外資系」

投資方針:ある人と仲良くなりたいために銘柄買うってあるよね。

借金について:滞納は実質プラスのリターン

他にも面白い発言やエモい発言がありましたが、それは参加者だけのお楽しみということで

熱い夜は終わらない

議論が始まったのが17時前。5時間半、みっちり発表と質疑応答しました。一人当たり45分です。それでも時間が足りないくらい濃厚な夜でした。

趣味として投資をピュアに楽しむ。こうして議論できるメンバーがいる。みんな知識を惜しみなく披露し、惜しみない議論が交わされる。

トーキョーの夜景よりも熱くて美しい夜が、そこにはありましたとさ。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村