GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【イベント】ブロガーミーティングに行ってきました#三菱UFJ国際投信

【イベント】ブロガーミーティングに行ってきました#三菱UFJ国際投信

SOSEKIです。

投資ブロガーなら誰しもが憧れるだろうイベントが2つあります。1つはROKOHOUSE主催の「アジデンを煽る会」。もう1つがそう、三菱UFJ国際投信の「ブロガーミーティング」ですね。

私も今回、港区投資家枠で本イベントに参加することができました。三菱UFJ国際投信さまのおもてなしが素晴らしかったことを記録するために、ここにしたためたいと思います。

ブロガーミーティングの内容は?

予備知識なし、投信保有なしの私ですが、非常にわかりやすい内容でした。

FOY2018入賞のお礼と頂戴したご意見について

予備知識が全くない方にも簡単に説明すると、三菱UFJ国際投信は、「eMAXIS Slim」というファンドを作成、運用している会社になります。このeMAXIS Slimは、業界最低水準の信託報酬を武器に、純資産額を増やしている投信なんですね。その地道な功績が高く評価され、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の5位までのうち、3本がeMAXIS Slimシリーズの投信だったのです。

1位:eMAXIS Slim先進国株式インデックス

3位:eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

5位:eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

これらに対するお礼を述べるとのともに、FOYでいただいた意見やコメントについて、三菱UFJ国際投信の方がもろもろ感想を述べていたそうです。私は遅刻したので詳細はわかりません。

ベンチマークの配当込み指数への変更について

これまで、三菱UFJ国際投信のインデックスファンドは、採用しているベンチマークを、配当除く指数としていました。しかし、ファンドの運用では保有資産が配当金を受け取ることで、配当除く指数との間にギャップが生じていたのです。そのため、2019年7月から10月にかけて、配当込み指数にベンチマークを変更していくそうです。

よく話題になる、ベンチマークとの乖離というやつですね。こういったところからも、三菱UFJ国際投信さんの真摯な態度がうかがえます。私は遅刻したので詳細は分からないのですが…。

eMAXIS Slimの信託報酬引き下げについて

これまでも、業界最低水準の手数料を誇ってきた同社ですが、5月14日より、再度信託報酬を引き下げるそうです。他社の信託報酬を1つのベンチマークとしているのですが、それをiDecoで採用されているファンド全体にまで拡大するそうです。具体的には以下の4本が対象となるようです。

 

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)    最大0.155%→最大0.140%

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)   最大0.155%→最大0.140%

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス  最大0.170%→最大0.140%

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 最大0.159%→最大0.140%

いずれもファンドの純資産総額に応じて、さらに手数料が下がる仕組みになっています。同社の代田常務は、しきりに「日本のバンガードになりたい」と言っていました。バンガードに倣って手数料を引き下げてくれるのは、投資家にとってはプラスでしかありません。私はこの辺でひょこっと参加しました。

mattocoの紹介

三菱UFJ国際投信も、直販を始めるとのことです。そこでできたサービスが、mattoco(マットコ)です。

みんなの未来を広げる投資-mattoco

これらを始めた背景(顧客の行動データをとるため)や、概要について説明していました。月5000円から積立ができる取引ツールだそうです。メリットは、「クズみたいな投信を避けることができる」ことだそうです。

ブロガーミーティングのごはん、お土産

ブロガーミーティングといえばみんなが期待するのが、ごはんやお土産ですよね。

遅刻した私の席にも、軽食として、梵のカツサンドが置いていました。ご存知の方も多いと思いますが、普通においしかったです。有名店のお弁当はテンションがあがりますよね。

懇親会でも食べ物が出ました。オードブル、寿司、鎌倉マーロウの葉山ボーロもありました。1つ提言をするならば、「寿司はわさび抜きにすべき!」ということくらいですかね。大事なことなので2回言いますが、「寿司はわさび抜きにすべき!」です。

お土産はボールペンとメモ帳、付箋でした。あと、コーラの自販機で使えるCoke ONのドリンクチケットもありました。こちらもそのうち使いたいと思います。

ブロガーミーティングの感想

以下、雑多ですが感想を

・インデックスファンドの肝はコストと乖離率、ということで、コストに関しては隠れコスト含め多くの質問が飛んでいました。正直、「そういうところまで見てるんだなあ」と素直に感心しました。

・年齢層は30代~50代の方が多かったです。私は若造でしたね。おっさんたちのバイタリティはすごいなあ、と思いました。(50歳超えてブログ書いてる、っていうのがすごい)。あきらかに見た目が反社っぽい人もいましたが、敢えてだれかは言いません。

・mattocoについては試行錯誤している模様。サービス自体は素晴らしいと思うのですが、なかなかターゲットにはリーチできていない印象でした。ここについては別建てで意見を書きたいと思いますが、金融機関に入る、一般的に世間では立派、と言われている人たちは、お金に困った経験がないんだろうなあ、だから、小額投資の顧客の琴線を揺さぶるポイントを、本当に意味で理解できていないんだろうなあ、という印象でした。ここについては社員の人たちといろいろ意見交換できてよかったです。

・次回はアクティブファンドのファンドマネージャーと話せるといいな、と思いました。プロのファンドマネージャーのリスクに対する考え方を聞くのは勉強になりそうです。

 

私は今のところインデックス投資はそこまでウエイトを置いていません。ただ、どこかでインデックスの割合を増やしたいな、とも思っており、その観点で、学ぶことが多い会でした。

三菱UFJ国際投信さま、ありがとうございました。改めてこの場でお礼申し上げます。何度も言いますが、「寿司はわさび抜きにすべき!」です。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村