GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【日本株】モーニングスターへの投資判断(1)8年連続最高益の優良企業

【日本株】モーニングスターへの投資判断(1)8年連続最高益の優良企業

SOSEKIです。

久しぶりに日本株を買いました。あまり個別株はめっきり買わないのですが、よく見ると面白そうな銘柄だったので、まずはお試しで拾ってみることにしました。

銘柄は、【4765】モーニングスターです。モーニングスターが投資にふさわしい企業であるかどうか、検証していきたいと思います。

モーニングスターってどういう会社?

モーニングスターといえば、資産クラス別リターンなど、金融情報を提供していることで知られています。しかしながら、そもそも、モーニングスターがどういう会社で、どういうサービスを提供しているか、きちんと知っている人はいるでしょうか。簡単に紹介しておきたいと思います。

モーニングスターは、金融情報のトータルカンパニーになります。主な事業としては、データなどを提供するデータ・ソリューション事業、金融系の広告を実施するメディア・ソリューション事業、そして、子会社のSBIアセットマネジメントなどを通じたアセットマネジメント事業の3つになります。質の高い情報を個人・法人に提供することで収益を上げている会社と言えるでしょう。

モーニングスターの株価の状況は?

まずは、モーニングスターの現状を軽く整理しましょう。今の株式情報は以下の通りです。

2019年5月17日現在、株価は現在308円です。2013年に一瞬500円を超えたものの、2014年には半値まで落ち込んでいます。そこからまた右肩上がりでしたが、2018年の乱相場を受けて、今は300円前後まで落ちています。

主要な指標は以下の通りです。PERは20.89倍で、日本株全体に比べると高めの傾向があります。PBRは2.72倍で、指標だけで見ると「割高感」があるように見えるかもしれません。時価総額は250億円程度となっています。

時価総額 25.864B JPY
PBR 2.72
PER 20.89
EPS 14.7
配当利回り 4.55%
1年トータルリターン -20.19%

配当利回りは4.55%と悪くない水準です。しかしながら、昨年の後半大きく値を下げているため、1年でのトータルリターンは-20%となっています。

株主優待は以下の通りです。

100株(30000円前後)で30000円以上の優待がもらえるという、なんとも優待利回りが高い銘柄です。

モーニングスターの利益の状況は?

では、会社の売上、利益をきちんと見ていきましょう。まずは2019年3月期の決算からです。

売上高、経常利益ともに微増となっています。当期利益が少し膨らんで見えるのは、新株予約権の戻り入れ利益があったからです。

セグメント別の売上・利益を見てみましょう。

売上増加の大きな要因となっているのは、データソリューションの「継続的な売上」、そして、メディアソリューションの「Web広告&セミナー」です。データソリューションはいわゆる「サブスクリプションモデル」といわれるサービスになります。

一方、売上が減少しているのは、フィンテック関連サービス、株式新聞の購読料、メディアソリューションの「Webコンサルティング」になります。株式新聞を除けば、どちらかというとスポット的な売上が多くを占めます。

アセットマネジメントは子会社であるSBIアセットマネジメントの信託残高が減少したことが要因となっています。ご存知の通り、2018年の投資信託市場は決して良いとは言えませんでした。その影響を受けたと言えるでしょう。

セグメント別の利益を見てみましょう。

2018年 2019年 昨年比
フィナンシャル
サービス
売上高 2,724 2,767 1.6%
セグメント利益 1,050 1,078 2.7%
利益率 38.5% 39.0% 0.4%
アセットマネジメント 売上高 3,242 3,236 -0.2%
セグメント利益 588 568 -3.4%
利益率 18.1% 17.6% -0.6%

利益率の高いフィナンシャルサービスの売上、利益が上がっており、一方、利益率の低いアセットマネジメントの売上が下がっています。利益体質的には、「よりいい体質」になりつつある、と言えるのではないでしょうか。

また、利益額は、過去10年連続増益、そして、8期連続の最高益を更新しています。今こそ利益の伸長は緩やかですが、コツコツと安定して利益を伸ばしてきた会社であると言えるでしょう。

モーニングスターは連続増益の魅力的な会社

投資家のみなさまにはなじみ深いこの会社ですが、ホームページ以外にも、様々な事業を行っています。また、子会社にはアセットマネジメントの会社ももっており、信託報酬の売上も小さくはないです。

売上は60億円前後と大きくはありませんが、着実に利益を積み重ねている会社だと言えるでしょう。

ただ、これだけだと投資するに値するかどうかはまだ今一歩わからない、というのが私の本音です。次回は、「モーニングスターの利益は継続的に伸びうるのか」を検証したいと思います。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村