GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【個別株】ユナイテッドテクノロジーズとレイセオンの統合に投資妙味あり?(その2)

【個別株】ユナイテッドテクノロジーズとレイセオンの統合に投資妙味あり?(その2)

SOSEKIです。

ユナイテッドテクノロジーズとレイセオンが2020年に合併します。これにより、航空システム、防衛、宇宙関連の大企業が誕生します。

前回は、その合併にまつわる投資判断を、ユナイテッドテクノロジーズ側から見てみました。この合併にあたっては、ユナイテッドテクノロジーズがエレベーター部門、ビル部門をスピンオフするということから考えなければいけません。前回は、その観点から、残された部門がどのようなものなのかを見てみました。

 

【個別株】ユナイテッドテクノロジーズとレイセオンの統合に投資妙味あり?(その1)

今回は、レイセオンの状況を見たうえで、改めて合併会社に投資妙味があるかどうか、検討していきたいと思います。

レイセオンはミサイル関連では世界No1の企業

まずは、レイセオンについて見てみましょう。レイセオンは防衛産業を中心とした会社になります。主な商品としては、パトリオットやトマホークなど、ミサイル関連の商品が多くなっています。米国では、軍事関係では、ロッキード・マーチン、ボーイングに次ぐ規模の会社になりますね。

レイセオンの基本データは以下の通りです。

Previous Close

177.12

Market Cap

49.399B
PE Ratio (TTM) 16.54
EPS (TTM) 10.72
Forward Dividend & Yield 3.77 (2.16%)

チャートは以下の通りです。美しい右肩あがりになっていますが、ここ1年は停滞気味です。毎年きっちり利益を出しており、純資産も順調に伸びています。PERも適切な水準ですし、ある意味、投資するタイミングとしては良い、というようにも見ることができます。

合併後の両者の見通しは?

では、この両者が合併したあとの見通しはどのようになるのでしょうか。UTXは前回の試算を用いる前提で、両者を比較してみましょう。

UTX RTN

時価総額

60 49.40
売上 36.031 27.06
営業利益 3.572 3.30
営業利益率 9.91% 12.20%
当期純利益 2.32 2.909
EPS 2.69 10.72
総資産 102.45 31.864
純資産 29.78 11.73
ROE 7.8% 24.8%
PER 16.8 16.54
PBR 2.0 4.21

売上、利益額ともにUTXが1.5倍くらいの規模になると言えそうです。しかし、Equity、AssetはUTXの方がはるかに大きい状況で、3倍くらいの差になっています。ここが顕著に出ているのがROEで、レイセオンは24%という、高いROEを出しています。

ROEを高めることは経営陣にとって重要です。ここで、3つのシナリオが生まれます。

1つ目はユナイテッドテクノロジーズのROEが高まり、株式価値が上がること

2つ目はレイセオンのROEは下がり、株式価値が下がること

3つ目はお互いの中間地点に落ちつkくこと。

ユナイテッドテクノロジーズの経営者が合理的に判断するのであれば、1を目指すはずでs。ユナイテッドテクノロジーズが手放すキャリアとオーチスは、いずれもROEが高い事業体になっています。これを切り離して効率の良い経営を狙う一方、ROEの面ではお荷物だった航空部門をレイセオンと合併させ、立て直しを狙うという見方ができます。これは、ユナイテッドテクノロジーズの投資家にとってはグッドニュースだと言えるでしょう。

もちろん実際はどのような結果になるかはわかりません。ユナイテッドテクノロジーズとレイセオンの新会社の経営陣に期待したいところではありますね。

合併比率の関係で、持つべき企業はどっち?

ブルームバーグによると、今回の合併は、以下のような比率になるそうです。

レイセオン株主は保有株1株につき新会社株2.3348株を受け取る。新会社の株主構成は完全希薄化後ベースでユナイテッド・テクが約57%、レイセオンが約43%となる。取締役会は15人中7人をレイセオンが占める。(出所:Bloomberg

この株式の割合は、どちらに有利に働くのかを検討しておきたいと思います。

現在、ユナイテッドテクノロジーズの株価は約125ドル、レイセオンの株価は約180ドルです。ただし、ユナイテッドテクノロジーズが分社化すると、株式価値は約55%になります。つまり、その時の理論株価は、約70ドルです。

つまり、レイセオンの株主は、レイセオン株1株につき、163ドル分のユナイテッドテクノロジーズ株を得ることになります。つまり、今のレイセオン株主にとっては、Bad Dealになる可能性もあるのです。逆にいえば、ユナイテッドテクノロジーズ株が、77ドル以上であれば、レイセオン株主は得をする形になります。

私個人としては、ユナイテッドテクノロジーズ株はもう少し下がるちうことを予想します。なぜなら、オーチス、キャリアに比べて、航空システム部門の経営効率がよくないからです。そうすれば、レイセオン株主にとってはますます不利なDealになるでしょう。私は今の段階では、ユナイテッドテクノロジーズ株を持つべきだと考えています。

長期的な観点で投資ができる会社

いずれにせよ、防衛産業は、資本主義およびイデオロギーの対立がある限り、なくなることはないですし、長期的に長いリターンをもたらしてくれるでしょう。

ポートフォリオの一部に組み込んでみてもいいかもしれませんね。少しタイミングを見ながら、ユナイテッドテクノロジーズ株を狙っていきたいと思います。

最後に、戦争と経済について、私が最も影響を受けた本を紹介します。

アイアンマウンテン報告―平和の実現可能性とその望ましさに関する調査

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村