GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【投資指標】ROEを使った投資を検討する(その1)

【投資指標】ROEを使った投資を検討する(その1)

SOSEKIです。

ある株式を買うかどうかの判断に、あらゆる指標が使われています。売上や当期純利益率はもちろん、PERやPBRなんかも、割安、割高の指標としてよく使われますね。

一方で、経営上重要である指標にもかかわらず、投資ではあまり使われない指標があります。それがROEです。

今回は、ROEという指標をもう一度整理するとともに、ROEが投資判断にどのような影響を与えるか考えてみたいと思います。

ROEってどんな指標?

まずは、ROEについて、簡単に振り返りをしましょう。

ROEは、Return on Equityの略で、資本に対してどれだけの利益があったか、を表す指標になります。簡単にいうと、以下の数式で表すことができます。

ROE=当期純利益÷自己資本×100

ROEは、経営の効率性を表す指標で、ROEが高ければ高いほど、自己資本を効率的に活用して、経営を行っているといえるのです。

たとえば次のような会社を見てみましょう。会社A、会社Bともに、当期純利益は10億円です。しかし、会社Aの自己資本は100億円、会社Bの自己資本は1000億円だとします。

このばあい、会社AのROEは10%、会社BのROEは1%になります。表であらわすと以下のようになります。

会社A 会社B
純利益 10億円 10億円
自己資本 100億円 1000億円
ROE 10% 1%

投資するならROEが高い方がいい?

では、我々が投資するなら、ROEが高い企業、低い企業、どちらが良いのでしょうか。一般的には、ROEが高い方が、投資するのに良いと言われています。

なぜでしょうか。シンプルに考えましょう。

たとえば、上の企業に、それぞれ10億円ずつ投資するとします。そうすると、会社Aの場合、10%の株主になります。会社Bの場合は、1%の株主になります。

そうすると、会社Aの利益の10%、つまり1億円は、あなたのものになります。会社Bの場合は、1000万円です。簡単に表にすると、以下のようになります。

会社A 会社B
純利益 10億円 10億円
自己資本 100億円 1000億円
ROE 10% 1%
投資額 10億円 10億円
自身の利益 1億円 1000万円
利回り 10% 1%

つまり、ROEの差は、そのまま利回りの差になるのです。もちろん市場はこれを織り込んでいるので、こういった単純な話ではありません。しかし、投資家としては、ROEが高い方を選ぶのが、一般的な戦略になると言えそうです。

ROEを経営的側面で見てみると?

ここまで、結果としてのROEを見てきました。ただ、経営の側面で見ると、ROEは少し変わってきます。一般的に、ROEを経営の側面で見てみると、以下のように分解できます

ROE=当期純利益÷自己資本=純利益÷売上高×売上高÷総資産×総資産÷自己資本=純利益率×総資産回転率×財務レバレッジ

純利益率は、企業の収益性、総資産回転率は、企業の効率性、財務レバレッジは、企業の安全性を表す指標になります。それぞれにブレイクすることで、経営者は、適切なアクションを考えることができるのです。

特に、収益性、効率性は、競合や市場の影響を受けるものの、安全性、つまり、財務レバレッジについては、企業の意思のみでコントロールすることができます。たとえば、ソフトバンクは、財務レバレッジが7倍前後になっています。これは、大きな借り入れをして、事業を拡大しているからです。財務レバレッジが利いているということは、安全性の部分ではマイナスでも、投資効率の観点では、プラスになります。このように、財務レバレッジについては、特に企業のカラーが強くでる、と言えるでしょう。

ROEを投資判断に使ってもいいかもしれない

このように、ROEは、経営者にとっては非常に大きなファクターでありながら、投資家にはあまり重要視されていない指標のように思えます。しかし、ROEが高い企業に投資するということは、そのまま、より多くの利益を得ることができる可能性が高まるということなのです。ROEも投資判断に活用できるかもしれません。

次回は、もう少し投資家の立場に立って、ROEについて考察していきたいと思います。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村