GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【35歳からのメンズファッション】大人が履くべき「短パン」の極意とは?

【35歳からのメンズファッション】大人が履くべき「短パン」の極意とは?

35歳になって、今までの服だと子どもっぽく見られてしまう、でも、スーツ意外の選び方がわからない…

そういった人たちが、いたってシンプルで、でも少しオシャレで、品のある格好ができるようにする、というのは、本シリーズのゴールになります。

あっという間に梅雨が来て、夏も間近です。夏といえば、悩むのが下半身事情。短パンを履きたいけど、短パンは子供っぽく見えてしまったり、ダサく見えてしまう…

そういう葛藤をした人も多いのではないでしょうか。大人の短パンって、結構難しいんですよね。

今回は、そういった中で、大人の短パンをどう選ぶか、そして、おすすめの商品について、紹介したいと思います。

大人短パンの原則は、「膝を見せる」こと

ロングパンツって、長さが足首までって決まっているため、実はワイドかスキニーかくらいしか選択肢がないので、そこまで失敗を自覚する人って少ないと思います。(たまに、柄とか色とかで「失敗したなあ」と思うことはあっても、長さで失敗したことある人って少ないですよね。

でも、短パンを試してみて、「あれ、丈がいまいちだな?」と思ったことがある人も多いはず。それはなぜでしょう。

一番の問題は、「無難さ」を狙いすぎるあまり、「中途半端」な丈を選んでしまうことです。たとえば以下の画像を見てみてください。

この画像を見て、「だぼだぼしててヤンキーみたい」「だらしない」「子供っぽい」など、いろんな感想を持つかもしれません。この画像のような短パンを選ぶ人はいないでしょう。しかし、次のような短パンはいかがですか?

こういったパンツは、「無難だからいいか」と思って選んだことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、実は、大人のファッションとしては、このパンツもNGな部類に入ります。

この「半端丈」パンツがNGな理由は2つです。1つは、「足が短く見える」ということ。基本的に、脚の長さというのは、ひざ下の長さによって、長くも短くも見えます。中途半端なところで切ってしまうと、より、脚が短く見えてしまう可能性があります。

もう1つは、「毛」です。男性にはすね毛がしっかりありますよね?短パンの場合、どうしてもパンツの丈と脚の境目に目がいくものです。このように、ひざ下丈だと、すね毛に目がいきがちです。それは決してさわやかなものではありません。

なので、まず、膝下丈は、大人ファッションとしてはおすすめできません。短パンを探すなら、膝が見えるもの、と覚えておくとよいでしょう。

・ひざ下丈のパンツは脚が短く見える

・ひざ下丈のパンツはすね毛が気になりがち

もちろん、膝上でも、あまり短いのはNGです。具体的な画像を置いておきますね。

短パンの「幅」にも要注意!

さらにここで、もう1つ気を配りたいのが、短パンの「幅」です。論より証拠、以下の2つの画像を見比べてみましょう。

同じ膝だけの短パンですが、1枚目は、短パンなのに、なぜか暑苦しそうに見えませんか?それに比べて、2枚目は、涼し気に見えますよね。

これも視覚効果で、短パンは、少しゆとりがあった方が、全体的にすっきりと見えるのです。細身の人であれば、スリムな短パンでもいいかもしれません。でも、脚と短パンに隙間がないと、かえって暑苦しく見えてしまうこともあるので、ここは注意したいところです。

特に、丈が短くなればなるほど、このゆとりには気を配った方がいいでしょう。少し短くても、ゆったり履いていれば、「サーフカジュアルっぽさ」があって、着こなし次第ではおしゃれに見せることができます。しかし、丈が短くて、タイトなホットパンツを、メンズでうまく着こなせる人は、私はいまだ見たことがありません。

・幅はゆとりを持たせて、リラックス感があるものを選ぶべし

短パンの大人っぽい着こなしは?

では、短パンのコーディネートですが、どのようなものがよいのでしょうか。具体的なものをいくつか挙げていきましょう。

短パン×TシャツはNG?

短パンといえば、Tシャツとのコーディネートが、一般的には合わせやすくて、夏ならだれもが想定しうるでしょう。もちろん、これはNGではありません。

ただ、何も考えずに、短パンとTシャツのコーディネートを選ぶと、やはり子供っぽくなる可能性があるのには、注意しておくと良いでしょう。

(モデルがイケメンだから成り立っていますが、ギリギリのところだと思います。)

Tシャツ、短パンのコーディネートをする場合は、Tシャツも少しゆったりさせると、大人な感じと、今っぽさが出てきます。

カジュアルではありますが、全体として収まりがいいコーディネートです。

長袖のシャツ×短パンで大人のイメージに

短パンのようなカジュアルなアイテムであれば、トップスは「きれい目」を意識してもよいと思います。代表的なコーディネートが、長袖シャツと合わせるというコーディネート。シャツのクリーンさと短パンのカジュアルさで、全体としてバランスをとることもできます。

全体をモノトーンで仕上げた、大人のコーディネートです。

バンドカラーシャツとのコーディネイトは、リラックス感があり◎

アウターは、「カーディガン」がリラックス感があってよい

アウターを入れる場合は、カーディガンがおすすめです。ジャケットだとどうしても衣装感が出てしまうので、そこは少しカジュアルに落とした方が、全体のバランスがとれるのではないでしょうか。

シンプルだけど大人っぽいコーディネイトです

スウィングトップを含め、全身をアースカラーで合わせたコーディネイト。少し上級者向けですね。

短パンを味方につけて、夏は涼しく快適に

短パンは大人が扱うには難しいアイテムだと言われていますが、コツさえうまくつかめば、夏を非常に快適に過ごすことができます。

ここで紹介したルールを守りながら、今年はぜひ短パンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

短パンに合わせる靴下は、こちらで紹介しています。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村