GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【35歳からのメンズファッション」夏本番!大人のトップス「夏ニット」の魅力を紹介

【35歳からのメンズファッション」夏本番!大人のトップス「夏ニット」の魅力を紹介

35歳になって、今までの服だと子どもっぽく見られてしまう、でも、スーツ意外の選び方がわからない…

そういった人たちが、いたってシンプルで、でも少しオシャレで、品のある格好ができるようにする、というのは、本シリーズのゴールになります。

いよいよ今週には梅雨が明けそうです。梅雨が明ければ、いよいよ夏本番ですね。今年は冷夏になる可能性も秘めているとか。確かに、夏らしい夏という日は、今年は少ないような気がします。

夏のファッションといえば、とにもかくにも涼しげな恰好をしたい、という人は多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。短パンに半そで、というのが一番涼しいですよね。短パンといえば、先日は短パンについて、ベストな丈について解説しました。

【35歳からのメンズファッション】大人が履くべき「短パン」の極意とは?

というわけで、今回はトップスです。半そでのトップスといえば、だいたいの人が思い描くのは、Tシャツかシャツですよね。ただ、それだと子どもっぽさは抜けません。今年は1つ上の、大人の着こなしをしてみませんか?

子どもっぽくならない、「短パン」に合わせるコーディネートは?

夏の定番コーディネートといえば、短パンです。この時期にピタピタのパンツやウールのスラックスだと、さすがに暑いですし、汗をかくと深いですよね。丈さえ間違えなければ、大人の短パンは、涼しげでTPOにあった服装となります。

ただ、短パンの問題点が1つ。それは「上に何を合わせていいかわからない」ということ。それこそTシャツ×短パンだと子どもっぽくなりすぎてしまいますし、シャツやジャケットはお手入れが大変…

そういった時、おすすめなのが、「ニット(セーター)」になります。ニットなら、半袖で、短パンに合わせても、子どもっぽくなりすぎない、絶妙に「大人」なコーディネートができるでしょう。

セーターは「冬だけ」のものだと思っていない?

ニットやセーターは、冬のイメージがどうしても強いですよね。だから、夏にニットを着ましょう、と言われても、「暑そう」というイメージを持つかもしれません。しかし、ニットには、布帛にはない、メリットが多くあるのです。どういう特徴があるかを紹介しましょう。

ニットと言えど厚くない。むしろ涼しい?

ニットと聞いて暑いイメージを持つのは仕方ありません。しかし、そういったイメージのニットは、たいていウール(毛)が使われたものです。夏のニットの場合、多くは綿や麻が使われています。これは、Tシャツやシャツと同じ素材になります。(麻の方がシャリっとします。)

Tシャツやシャツと同じ素材であれば、それほどそもそも保温性はありませんし、さらに、ニットの場合は、布帛に比べ、繊維の密度が低くなります。そのため、通気性がよくなるため、帰って涼しい感覚を得ることができるのです。

ニットは品が良く見える

ニットのもう1つのメリットとして、「品よく見える」ということがあります。ニットの場合、Tシャツに比べて厚みが出て、重さが出ることが多いです。また、ニットという製品の特性上、少しゆったり目に作っていることが多いです。この重さが、絶妙なシルエットを作ってくれるのです。また、Tシャツやシャツに比べて、柔らかいイメージを持つニットなので、どこか、余裕があるように見せることができます。

お手入れもそんなに面倒くさくない

ニットといえば、手洗いが必要など、手入れが面倒くさいイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、そこまで高いニットでなければ、ネットに入れて、洗濯すれば、普通に何度も着ることができます。もちろんTシャツの方が楽でしょうが、慣れれば、ニットのお手入れも簡単です。

おススメの「ニットのトップス」のアイテムは?

では、どういったニットアイテムを選べばいいのでしょうか。おすすめのアイテムを紹介します。

ニットカットソー(半袖セーター)

一番取り入れやすいのは、普段のTシャツを、ニットのカットソー(半袖セーターです。要するに)に変えることでしょう。

白パンとのコーディネート。少しゆったり目の半袖セーターを着ることで、全体的に大人の印象になっています。

茶色の半袖セーター。やはりTシャツには出せない、独特のシルエットが大人の余裕を醸し出します。

ニットポロシャツ

ポロシャツといえば鹿の子素材ですが、そのポロシャツをニットポロシャツに変えるのも、品が出るのでお勧めです。

落ち着いたアースカラーのニットポロ。スラックスのようなアイテムでも、体育の先生っぽくならず、大人のムードで着こなしができます。

ニットポロ×短パンコーデ。少し大きめのポロシャツを選ぶことで、肩のシルエットを落とし、ゆったりとしたイメージを持たせることができます。トップスをゆったりさせた分、ボトムはシンプル、すっきりと。

長袖のニットも実はあり?

長袖のニットは暑いだろう…と思うかもしれません。でも、以外と長袖だって、直射日光を遮ることもできるし、使い勝手がいいんですよ。特に短パンと合わせると、大人っぽいコーディネートになります。

トップスにボリュームを持たせて、パンツをすっきりとさせたコーディネート。このトップスのゆったり感、上品な感じは、絶対にロンTでは出ません。ニットならではの質感ですね。

シンプルなカーディガンと同系色の短パンのシンプルなコーデ。カーディガンは暑いと脱げるしで、夏のニットとしても取り入れやすいと思います。寒がっている女子の肩にかけてあげると、好感度も上がるかもしれません。

この夏はニットアイテムにチャレンジしてみよう

ニットは秋冬のもの、という固定観念を捨てれば、夏のニットほど、大人にぴったりなアイテムもありません。(もちろんTシャツもアイテムとしては悪くないですが、大人ならではのアイテムといえばニットです。)

ぜひ、今のワードローブのTシャツ、ポロシャツを、1つ、ニットアイテムに変えてみてはいかがでしょうか。きっと、大人っぽいコーディネートと幅が広がることでしょう。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村