GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【節約】年収450万円と仮定して生きる

【節約】年収450万円と仮定して生きる

SOSEKIです。

資産形成というのは3つのステップがあります。

1.収入を最大化する

2.支出を最小化する

3.余剰資金の利回りを最大化する

この中で、私は収入の最大化、余剰資金の利回りの最大化についてはそこそこ頑張ってきた(結果はともかく)と思っています。しかし、支出の最小化については、これまで割と無頓着でした。というかぶっちゃけ苦手です。

しかし、趣味である投資にさらなる資金を投入するため、支出の最小化についても、無理なく楽しく行う方法を探していきたいな、と思い、とりあえず3か月、節約生活をやってみようかな、と思いたった次第です。

30代の年収は約450万円

まず、私と同年代の人たちが、どれくらい年収を稼いでいるかについて、調べてみました。

国税庁によると、30代前半の平均給与は431万円、30代後半の平均給与は495万円です。ざくっと平均値をとると、30代の平均年収は、約450万円といって差し支えないでしょう。ちなみに、中央値もそれくらいになるようです。

年収450万円の手取りはどれくらい?

では、年収450万円の手取りはどれくらいになるのでしょうか。大まかに計算すると、年収450万円の場合、だいたい350~360万円くらいになるようです。

350~360万円の手取りだと、ボーナスを3か月分だとすると、月の手取りは、だいたい24~25万円前後になりそうです。つい最近、33歳で手取り23万円というニュースがありましたが、実はこの彼は30代の中では平均的な年収なのかもしれません。

年収450万円節約術とは?

で、私のだした結論が、

「年収450万円のていで生活してみる。」ということです。つまり、月の生活を、24万円で賄うということです。

具体的には以下のルールで運用してみます。

1.家賃についてはどうしようもないので、家賃以外の生活費を年収450万円とほぼ同等にしてみる。

本来、年収に合わせて、相応の家に住むべきだと思っています。しかし、年収450万円のていで生活しようと思っても、家をすぐに変えるわけにはいきません。そのため、家賃以外の生活費を、年収450万円と同等にする、という形で進めたいと思っています。

年収450万円、つまり、手取り24~25万円くらいだと、家賃は、だいたい6万5千円~7万円前後の人が多いようです。そう考えると、家賃以外で使えるお金は、17~18万円くらいであることが多い計算になります。私の目標は、1か月の生活費のトータルを18万円で抑えることにします。

2.1000円未満の支出は切り上げ、ただし小銭を使ったことはカウントしない。

私は家計簿をつけるのが苦手です。なぜならずぼらだからです。コツコツ家計簿つけれる人は尊敬する…

そんな私でもできる方法として考えたのが、以下の方法になります。

・固定費(ジム代、保険など)はそのまま計上

・1000円未満の支出は1000円としてカウントする。(例:1200円のランチと300円のコーヒー→2000円使ったことにする)

・小銭だけを使った場合(たとえば150円のジュースを現金で買った場合)は支出としてカウントしない

・1000円を崩した場合は1000円としてカウントする

たとえば、今日、私は以下のような支出をしました。

朝:バス210円(小銭)→ノーカウント

昼:ランチ1300円、コーヒー250円

おやつ:お茶200円

夜:コンビニ500円

→合計3000円としてカウント(実際は2500円くらい)

これくらいゆるくないと、記録できる自信はありません。笑

まずは1か月記録をつけてみる

まずは1か月、楽しみながら、記録をつけてみたいと思っています。

8月は短い夏を楽しみたいと思います。節約と両立できるかどうかわかりませんが、精いっぱいがんばりたいと思います。楽しんで節約できるのが1番ですね。

みなさまにもいい夏が気ますように。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村