GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【投資結果】11月時点のPFと、株を買う理由について

【投資結果】11月時点のPFと、株を買う理由について

SOSEKIです。

急に秋を通り越して、冬がやってきたようです。

さて、毎月のPFについては備忘録程度にまとめています。11月末時点でのPFと、投資方針を整理しておこうと思っています。

2019年11月末時点のポートフォリオ

11月末時点の私のPFは以下の通りです。前月比+8.6%、投下資金に対しては+5.5%となっています。(配当金、分配金、利確、損切りした分を除く)

前月比+8.6%といっても、買い増しをした分を含めると、実際は+4%くらいですかね。

ハイテクも上がるわバリュー株も上がるわ高配当銘柄も上がるわで、投資家にとってはハッピーな1か月だったかもしれません。

2019年11月の売買記録および所感

今月はちょこちょこ(本当にちょこちょこ)株を買いました。理由とともに紹介しておきたいと思います。(@以下は取得単価)

VISA@175.6 MasterCard@269.25

グロース株を押し目で拾いました。VISAとMasterCardについては同じようなビジネスモデルで、ただの決済プレイヤー以上の力があると思っています。今後も下がったタイミングで押していきたいと思っています。

SBG@4158

中間決算の翌日に買いました。ご存知のように、WeWork問題などで揺れているソフトバンクグループ。WeWorkに対する支援策が適切かどうかはさておき、SVFが魅力的な銘柄を多数保有していることに変わりはありません。クソ決算ではありましたが、底値は限定的だと判断しました。

私は、今後世界的なグロース株はアメリカ、中国、インドの3か国から生まれてくると思っています。中国とインドのメガベンチャーに間接投資できるSBGは、この観点から魅力的な銘柄なのです。私にはSBGが株式分割して、さらに1株20000円を超える未来が見えています。

WBK@16.8

CEO辞任のニュースが聞こえる前に買いました。減配するなど奮わない同社ですが、南半球へ資金分散させるという意味で買っています。オーストラリアはそもそも中国におんぶにだっこになっているのが気にはなっていますが、富裕層の移住も頻繁に行われており、将来的には違った景色が見えるかな、と。安くなればもう少し買い増しします。

日立造船@420

日立造船はもはや船を作っていないのですが、低PBRで事業の先が見える、個人的には好きな銘柄です。実際買ってから20%以上の伸びを見せていました。

で、買い増しです。バリュー株の場合、買い増しのタイミングは非常に難しいと思っています。まだ本質的価値に対し割安だと思う一方、「安くないと買いたくない」という心理が働くからです。

とはいえ買い増した理由は、とある著名な投資家がこのように言っていたからです。(彼はデイトレーダーです。)

「買った株が上がるというのは、自分の投資戦略が間違っていないということ。逆に、買った株が下がるというのは、自分の投資戦略が間違っているということだから、損切りすべき」

結果、この言葉が後押しになって、追加投資を決定しました。とはいえ弱気なので、少しだけです。

スガイ化学工業@1152

ずっと指していた銘柄ですが、ようやく刺さって少しだけ買うことができました。

低PBR(PBRはなんと0.26です。)、自己資本率50%超、PERは10倍前後と割安なため買いました。個人的に、バリュー株がバリューであるポイントは、ROEの低さだと思っています。日本の経営者はROEを軽視している(特に中堅・中小の場合)ため、持っている資産に対して株価が割安におかれていることが多いのです。同社も漏れなくそのパターンだと思っています。

そのほかにもいくつか理由があってこの銘柄を買ったのですが、それはまた機会があれば。

リスクをとるということ

投資においては、バリュー株もグロース株も、結局のところリスクを選考しているだけに過ぎないと思っています。(好きなタイプのリスクを選んでいる、ということ)。

投資というのはリスクの検証です。リスクに対する仮説を立て、実際の売買によって検証する。そういう意味では、今月はわりと納得がいく投資ができたと思います。

これからもきちんと考えて、投資できればいいなと思っています。一度きりの人生ですが、投資は失敗してもやり直せるのがいいですね。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村