GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【投資】2020年の投資方針について

【投資】2020年の投資方針について

SOSEKIです。

2020年の投資方針を整理したので、記録として残しておきたいと思います。

長期的、中期的なゴール

まず2020年の投資方針を整理するにあたり、「なぜ投資をするのか」「投資におけるゴール」を設定しました。

投資をするのは、投資そのものが楽しい、ということもあるのですが、端的にいうと、「お金から自由になりたい」ということです。

現在私はサラリーマンをしています。仕事が楽しいとか評価されるとかは別として、お金のために仕事をしているのは事実です。仕事を続けて市場価値を挙げたいという気持ちはあるものの、肉体が衰える50代に差し掛かった時は、もっとゆったりとしたペースで仕事をしたいと思っているかもしれません。そういった時に、お金に縛られないようにするのが、私が投資をする目的になります。

その観点で長期目標と中期目標を設定しました。

長期目標:55歳で不労所得/年 2000万円を目指す

中期目標:40歳で金融資産6000万円(不動産除く)

私は今35歳なので、長期目標は20年、中期目標は5年で設定しています。55歳になってまで目標に縛られて生きたいとは思ってないですし、中期が5年というのも妥当かな、と思っています。

中期的なゴールを実現するための投資方針

中期的なゴールを実現するための投資方針について整理します

現状把握

私の現状の資産はこんな感じです。現預金はざっくりです。

入金戦略

入金については、年500万円を目標にします。あんまり無理しても仕方ないですし、とはいえ放蕩していれば達成できない金額を設定しています。

投資方針

中期的な投資方針は以下の通りです。

  1. 現預金は1000万円をキープする(ただし、暴落時には500万円まで落としてもよい)
  2. リスク資産は大きく分けて2つのバケツで管理する
    1. Index投資:リスク資産5000万円までは10%、以降3000万円ごとに10%ずつ割合を増やす。最大60%(2億円~)
      1. Leveraged All Weather Portfolio SPXL:VWO:TMF:NUGT=4:1:3:2。リバランスあり。割合は原則左の値を目指すが、Cape等で柔軟に判断。
      2. VOO:BND=3:2。リバランスあり。割合は変えない。
      3. 1と2の配分は、2025年までに1:1を目指す。
    2. 個別株投資:1銘柄少なくともリスク資産の1%以上、最大30%/1000万円までとする。個別株については、日本株および米国株(ADR含む)を投資対象とする。以下の4つの象限に投資クラスを分散(BCGのPPM理論を応用)
      1. 問題児。今後高い成長性が見込める企業群。全体のPFの10%~15%をベースとする。
      2. 花形。安定成長しつつ、今後高いモートを気づいていける企業群。全体のPFの35%~40%をベースとする。
      3. 金の成る木。インカムゲインの果実をもたらしてくれる銘柄。全体のPFの25~30%をベースとする。
      4. 負け犬。割安優良株(ただし成長性は市場より低い)。全体のPFの15~20%をベースとする。
      5. 2025年には上記の配分になるようコントロール。それまでは大きく逸脱しない範囲で運用

簡単にコメントをしておきます。

現預金1000万円というのは、私が安心して投資できる金額です。税金の支払いや不動産の支払い(仮に不動産の収入がストップしたとき)に1年間十分に耐えうる金額として設定しています。実際は500万円あればなんとかその辺もやりくりできますので、+500万円というのは投資のチャンスに備えるという観点でも持っておきたいですね。(2019年8月に追加入金ができなかったことが反省としてあります。)

Index投資については、現時点ではそこまで資産積み上げを意識していないです。現在は資産額もそう大きくないですし、この5年では個別株に関する知見を蓄えることを優先します。Index投資はレバレッジドオールウェザーを少し株式に強くしたもの(ROKOHOUSE式可変レバレッジド・ポートフォリオとの折衷案)とシンプルな株式:債券=6:4の投資を考えています。

個別株は基本的には下記の考え方をベースとしています。

【投資】株式投資におけるポートフォリオマネジメントの考え方

高配当戦略はともかく、他の3つについてはある程度目利きが必要になってくると思っています。この5年間で、そこの感覚もブラッシュアップできればな、と思っています。

バリュー投資については小塚先生やかぶ1000さん、ジャパセフさん(つまりパブライやワトサ)などを参考にしていますし、花形(いわゆる王道のグロース投資)についてはのひさんやふ~部長を参考にしています。こういう人たちの考え方(そして銘柄も)に触れることができるのは、SNSのいいところですね。

得意分野を伸ばす方向もありますが、バランス感を保ちながら投資することが、今現時点では大事だと感じています。

今年も楽しく資産形成を

私は投資が好きで、資産形成が好きです。でも、毎日の食事を食パンともやしにしてまで資産を増やそうとは思っていません。資産形成のために人生があるのではなく、人生のために資産形成があると思っています。

今年も楽しく資産形成ができればいいですね。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村