GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【投資】2020年度SOSEKI10種を考える

【投資】2020年度SOSEKI10種を考える

SOSEKIです。

前回、2020年の投資方針について、簡単に整理をしました。基本的には個別株を買い増ししていく方針です。

【投資】2020年の投資方針について

そこで、2020年に注目している銘柄を、理由とともに書きなぐっておきたいと思っています。なお、データはBloombergを元に作成しています。

2020年版SOSEKI10種を公開!

いきなりですが2020年版のSOSEKI10種を公開します。

AMZN Amazon

まずはGAFAでおなじみAmazonです。変わらずPER83倍と高い位置にいますが、2020年も安定したキャッシュフローを生み出すであろうこと、かつ、GAFAの中で最も戻りが遅かった銘柄であり、上昇余地がまだあると感じているため2020年版も期待の銘柄として挙げておきます。

MSCI MSCI

MSCIコクサイなどの指数でおなじみのMSCIです。PER45倍と、こちらもPERの観点から見て高い水準にありますが、堅調なEPS成長をしているということ、世界的な金余りが続いており、金融商品全体の価格が上がっていく中で、そこに「基準を作っている」という意味で、広いモートがあると思っています。

TRU TransUnion

TransUnionは、個人の信用調査会社になります。今後、データ社会において、ますます個人の信用の重要性は高まっていくと考えています。そういった点でこの分野は今後も成長していくと信じています。競合としてExperianやEquifaxがありますが、成長率の高さとインド事業を買収したという点からも、TRUを推したいと思っています。

QCOM Qualcomm/AVGO Braodcom

中国関連銘柄の2社になります。いずれも半導体関連で、2019年は米中摩擦もあり伸び悩んでいました米中問題。いわゆるトランプ銘柄です。大統領選前に貿易摩擦の解消を(ポーズだけでも)進めるに来るでしょう。そういった点も狙っておきたい銘柄です。

なお、BroadcomはQualcommを買収して失敗した経緯があります。

ELAN Elanco Animal Health

ペット、家畜の医薬品を製造するELANCOです。全世界的にペットに関する消費は増えていますし、人口増加が来ると家畜のニーズというのは増えていきます。この分野だとZTSがトップランナーになりますが、出遅れているELANCOの方が2020年は投資妙味があると感じています。

ROST Ross Stores

アメリカでディスカウントチェーンを手掛ける(日本でいうコメ兵に近い?)、Ross Storesです。売上、EPSともに順調な成長を見せており、またディスカウントストアという形態自体が伸びていることから、PER26は許容範囲だと考えています。

NUGT Direction Daily Gold Bull 3X

NUGTです。あんまり成長は期待していないんですが、有事の銘柄として。1~7まですべての株が爆死すれば、NUGTはその時輝いているはずです。

9984 Softbank Group

日本人ならみんな大好きソフトバンクグループです。入れるかどうか悩みました。が、他に候補がなく、また、中国やインドの経済成長の恩恵を受けることができる銘柄なので。日本ではOYOが揉めているようですが、そもそもOYOのビジネスモデルは日本だけが特殊です。それよりもビジョンファンドのどこかが急伸することを期待したいですね。

9501 東京電力ホールディングス

忘れ去られた東電ですが、オリンピック銘柄で一番可能性が高いのではないかと思っています。(基本的に域内の人口が増えると電力需要は上がります。)そして昨年も株価はマイナス(特に何があったわけではありません。)原発リスク等がもちろんゼロではないですが、原発リスクなんて1年じゃどうにもならないです。PER1倍代という意味がわからない数字、そしてPBRも0.5倍代。東電会長が2020年ごろの復配を目指すと過去言った背景も含め、機体している銘柄です。原油価格がリスクとはなりますが…

いずれにせよ、株式市場が順調に推移してほしい

8のNUGTと10の東京電力を除けば、基本的には株価が全体的に好調であれば、景気がよければプラスになる銘柄を選んでいます。(バリュー株で10種類出せるほど私はバリュー株に詳しくありません。)

これらの銘柄がすべてとは言わなくても、半分くらいは堅調に推移し、そして1つくらいは大きくプラスになってほしいなあ、と思うSOSEKIでした。

※投資は自己判断でお願いします。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村