GWVRNwPVnyW3zNGouzQOgJPpmmJMUF99-qkI8Q7JqPA

【投資】アークランドサカモトの投資判断

【投資】アークランドサカモトの投資判断

SOSEKIです。

市場は一時期のパニックを通り過ぎて、今は比較的安定した相場感が続いていますね。私も年初来ではまだまだマイナスですが、一時期の底は抜けたと思っています。

さて、そんな中、COVID-19銘柄として、面白い銘柄を見つけたので、買ってみました。

<9842>アークランドサカモトです。

備忘録程度に、買った理由を記しておこうと思います。

小売業への投資の是非

アークランドサカモトは、北陸地方を中心に、小売業を営む企業になります。ホームセンターが中心ですが、食品スーパーや飲食業にも手を出しています。

アークランドサカモトHP

東証一部ですが、企業規模はそれほど大きくなく、売上は1000億円程度、時価総額は350億円程度です。

この時期の小売業への投資は、是非がわかれると思います。アパレルチェーンや百貨店が苦戦する一方、ドラッグストアなどは好調に推移しています。

その中で、ホームセンターへの投資というのは、疑義がついてもおかしくないでしょう。

小売業においては売上の増減が利益に大きく影響されます。至極単純ではありますが、売上が当面にわたっていい企業であれば、利益も当面にわたってよいだろう(もちろん個々の状況は判断する必要がありますが)、そしてそういった会社の株価は上がるだろうという仮説は、大きな範囲で言うと間違いではないでしょう。

では、その売上の衰勢を見るにはどうすればよいか。小売業の多くは、月次データを出しています。

たとえばAOKIの月次売上はこちら。10月の増税後から苦戦が続き、3月はいよいよヤバいのがわかりますよね。月次データを見ることで、ある程度直近のトレンドがわかるとともに、予想ができるわけです。

ちなみに月次データをまとめた月次Webというサイトは重宝します。小売業に投資を考える方は見た方がよいでしょう。

アークランドサカモトの売上と株価の乖離

で、この月次売上ですが、アークランドサカモトの2019年3月~2020年の月次情報と株価推移を見てみましょう。

※月次データは月のまま、株価は1か月前倒しにしています。(たとえばMarの株価は95%程度ですが、こちらは今日現在の株価です。これは、月次発表が翌月になることから、あえて株価は1か月前倒ししています。つまり、3月の月次発表(4月)と4月の終値を比較していると理解ください。)

こうしてみると、ある程度月次売上と株価に緩い相関があることは理解できるのではないでしょうか。もっとシンプルに言うと、月次発表が良かった翌月の株価は上がることが多く、悪かった翌月の株価は下がることが多い、と言えそうです。

ところが今年の2月から大きく様相が変わってきています。それは、売上高が回復しつつあるのに、株価は戻らない、ということです。

要因としては2つあります。

1.コロナウイルスでホームセンター需要は高まっている:田舎のホームセンターは思った以上に多様化が進んでいます(中に薬局があるケースもありますし、なんなら弁当を販売しているケースもあります。)ある意味スーパーセンターのような役割を果たしており、このコロナウイルスの元でもある程度売上は担保できると考えています。

2.株価はそれに逆らって落ちている:コロナウイルスの影響で大きく売られました。同社も例外ではありません。売上が上がっているのに落ちている

この乖離に投資チャンスがあると考えました。さらにいえば、2019年上期は売上が低迷傾向にあります。逆にいえば、2020年上期は楽な前年を背負っているので、比較的高い前年比が出やすいと思われます。

これが、今回アークランドサカモトに目をつけた理由になります。

資産的にも利益的にも(比較的)バリューである

もちろん投資を決めた理由はこれだけではありません。資産的にも利益的にもバリューな部分が多いと感じたからです。

4/15時点の株価ベースで、PERは7.21倍、PBRは0.51倍です。

利益でいうと、2019年2月期の経常利益は約100億円、当期純利益は約58億円です。そのうち不動産セグメントが約12億円程度の利益を出しており、本業の弱さは気になるものの、安定した利益構造であると推測されます。また、外食についても、主要形態は「かつや」「からやま」であり、また同店の出店形態がドライブスルー型の郊外店舗であることから、コロナの影響は大きくない、と推測されます。

さらに、資産面では、時価総額350億円に対し、流動資産+投資有価証券等で300億円、固定資産が400億円、負債が100億円となっており、清算価値を考えても現時点では割安であると考えています。

もちろんリスクがない業態ではありますが、このあたりのバリュー感、そして直近の月次売上と株価の乖離から判断して、下落しても幅は小さいということで、昨日購入しました。

購入単価は990円/株で、さっそく本日-6.57%の下落をしております。株ってほんとうに難しいですね。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村